編集プロダクション 企画

About

*

出版を目指すなら出したい本のカテゴリーを明確にしよう

最近では、書籍発刊後にすぐに売れない本は、翌月に1000部以上が返本されてきます。

返本されてしまっては、その後、売れる可能性はかなり下がります。

そこで、息の長い本にするために出版社は「元棚」を明確にした企画を好みます。

元棚とは、書籍が本来置かれるべき棚のことをいいます。

 

棚はご存知の通り、書店にある棚のことですが、棚はカテゴリー分けされています。

書籍は、発刊されると、まず、各棚の前に平積みで置かれます。

そこで売れれば、より目立つ場所に移動になりますが、結果がでないと次の新刊と差し替えられます。

その時、置く棚が明確だと、棚差しされますが、どのカテゴリーに置くべき書籍なのかが不明瞭だと、返本されるのです。

つまり、どこのカテゴリーの棚に置くべき書籍なのか明確な書籍のほうが息が長い書籍となるのです。

 

大手書店では、棚もかなり細分化されておりますので、営業の本であれば、「ビジネス」だけではなく、「ビジネス」の「営業」というぐらい明確にしなければなりません。

できたら、置かれたい棚のキーワードが書名に入るようにすると良いでしょう。

Ad

関連記事

no image

出版したい書籍の方向性を考える

書くコトが決まったら、具体的に書籍をイメージしてみましょう。 &...

記事を読む

no image

出版しようと思ったら、誰のために本を出すのかを明確にしよう

読者ターゲットとは、「あなたの書きたいコトを読んでもらいたい人、伝えた...

記事を読む

no image

出版したいテーマをどういう切り口にするのかを明確にしよう

切り口とは、「あなたが書きたいコトをどう説明するのか」を指します。 ...

記事を読む

no image

どういう本のスタイルにするのかを明確にしよう

本のスタイルとは、文章中心の読み物系にするのか、写真や図が中心のビジュ...

記事を読む

no image

ライターには書けない「深さ」を追及しよう

世の中には『ライター』という職種があります。ご存知のように文章を執筆し...

記事を読む

新着記事

no image

出版企画書の納期について考えよう

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分から...

記事を読む

no image

出版企画書の類書がない場合について考えよう

類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書が...

記事を読む

no image

出版企画書の類書について考えよう

企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば...

記事を読む

no image

出版企画書の読者ターゲットについて考えよう

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってく...

記事を読む

no image

出版企画書の説得力について考えよう

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版企画書の納期について考えよう
    • 企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。 理想は、既に原稿ができている事です。 可能であれば、「企画進行確定後、30日前後」など、前提となる起点を明示した上で、具体的な数 […]
    • 出版企画書の類書がない場合について考えよう
    • 類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書がないので、この本は売れる」というような文言を企画書にかかれる方がいらっしゃいますが、それはあまりに短絡的です。   我々、出版業界の人間は、常に企 […]
    • 出版企画書で重要なこと
    • 企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そして、その本を読むことで何ができるようになるのか、どうなることができるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな人が、どんな切り口で […]
    • 出版社に売込みやすいジャンル
    • それは実用書、ビジネス書です。   エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なことではありません。 絶対に売り込めないとはいいませんが、出版社の担当編集者との感性の相 […]
    • 出版企画書の企画の切り口について考えよう
    • 分析した市場に対して、どういう本を出すことで訴求するのかを書きます。 ここでの内容は、「企画概要」の項目ともリンクしますが、ここでは「企画概要」で提案したことの裏付けと思って書くと良いでしょう。   攻め方には […]
    • 出版企画書の類書について考えよう
    • 企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば、その本は売れているのかをチェックし、そのテーマの本の市場規模を確認します。 類書があるのであれば、その類書は売れているのか、そして、その類書よりも売 […]
    • 素人でも出版できる理由
    • 本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。   つまり、最初は全員素人だ […]
    • 出版企画書の説得力について考えよう
    • 企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。 もちろん、そこは私見で構いません。   しかし、やはり、それを書くだけの実績や肩書きが必 […]
    • 出版企画書の読者ターゲットについて考えよう
    • 企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、「企画意図」で分析した市場でのニーズをしっかりと捉えることが重要になります。   […]
    • 「自費出版」と「商業出版」の違い
    • 本を出す方法には、大きく分けて二通りあります。 それが、自費出版と商業出版です。   自費出版とは、自分で費用を負担して出版すること 商業出版とは、出版社が負担してくれること   自費出版は自分で費用 […]
PAGE TOP ↑