編集プロダクション 企画

About

*

一生残る著者名

著者名は意外と重要で、出版社では著作物がある場合、その本が売れたかどうかが2冊目の企画の進行可否に大きな影響を与えます。

書店でも、その著者の著作物が売れたかどうかで、平積みにするか、棚差しにするか、返本するか判断することがあります。

 

つまり、売れない本を書いた著者は、「売れない著者」という烙印を押されるのです。

 

これは、ときに企画内容よりも重要視されることがあります。

もし、すでに著書があって、その本があまり売れなかった場合、著者名を別の名前(ペンネーム)にすることも検討してみましょう。

売れない本の実績より、何も実績がない方が、これから売れる可能性があると判断される場合が多いのです。

 

また、これから本を書かれる場合でも、著者名が売れない本を出された著者名と同姓同名だった場合、著者名は変えられた方が良いかもしれません。

出版社の担当者とは直接お話しができますので、誤解を解くことはできますが、書店ではその判断がつかないため、同一人物と見なされる場合が多いからです。

 

著者名を変えることに違和感がある方は、はじめから「~研究会」などにして、その会の主宰者は自分である旨を奥付の著者紹介欄で記載する方法もあります。

著者名は、あくまでも表紙に記載される名前で、その名前がデータベースに登録されるので、売れなかったとしても、その「~研究会」の「~」の部分を変更するだけで、著者名を変えるのと同じ効果を得ることができます。

そうすることで、元の名前は同じく、複数の著者名を得ることができますので、著者名をコロコロ変えるより、実績として残すことができます。

 

著者名をコロコロ変えることは、実績として残しづらく、「実はどれも私です」と言ったところで胡散臭さが増すだけですので、それは避けたほうが良いと思います。

いずれにしても、著者名はいろんな意味で末永く残るものですので、慎重に考えるようにしてください。

Ad

関連記事

no image

本の企画書を作ってみよう

書くコトが決まったら、まず企画書を書いてみましょう。  ...

記事を読む

no image

出版企画書で重要なこと

企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そ...

記事を読む

no image

出版企画書を作るには

企画書は、長々と書いたところで、最後まで読んではもらえません。 ...

記事を読む

no image

すでに著書がある場合

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、...

記事を読む

新着記事

no image

出版企画書の納期について考えよう

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分から...

記事を読む

no image

出版企画書の類書がない場合について考えよう

類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書が...

記事を読む

no image

出版企画書の類書について考えよう

企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば...

記事を読む

no image

出版企画書の読者ターゲットについて考えよう

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってく...

記事を読む

no image

出版企画書の説得力について考えよう

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版企画書の納期について考えよう
    • 企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。 理想は、既に原稿ができている事です。 可能であれば、「企画進行確定後、30日前後」など、前提となる起点を明示した上で、具体的な数 […]
    • 出版企画書の類書がない場合について考えよう
    • 類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書がないので、この本は売れる」というような文言を企画書にかかれる方がいらっしゃいますが、それはあまりに短絡的です。   我々、出版業界の人間は、常に企 […]
    • 出版企画書の企画の切り口について考えよう
    • 分析した市場に対して、どういう本を出すことで訴求するのかを書きます。 ここでの内容は、「企画概要」の項目ともリンクしますが、ここでは「企画概要」で提案したことの裏付けと思って書くと良いでしょう。   攻め方には […]
    • 出版社に売込みやすいジャンル
    • それは実用書、ビジネス書です。   エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なことではありません。 絶対に売り込めないとはいいませんが、出版社の担当編集者との感性の相 […]
    • 出版企画書で重要なこと
    • 企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そして、その本を読むことで何ができるようになるのか、どうなることができるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな人が、どんな切り口で […]
    • 出版企画書の類書について考えよう
    • 企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば、その本は売れているのかをチェックし、そのテーマの本の市場規模を確認します。 類書があるのであれば、その類書は売れているのか、そして、その類書よりも売 […]
    • 素人でも出版できる理由
    • 本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。   つまり、最初は全員素人だ […]
    • 出版企画書の説得力について考えよう
    • 企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。 もちろん、そこは私見で構いません。   しかし、やはり、それを書くだけの実績や肩書きが必 […]
    • 「自費出版」と「商業出版」の違い
    • 本を出す方法には、大きく分けて二通りあります。 それが、自費出版と商業出版です。   自費出版とは、自分で費用を負担して出版すること 商業出版とは、出版社が負担してくれること   自費出版は自分で費用 […]
    • 出版企画書の読者ターゲットについて考えよう
    • 企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、「企画意図」で分析した市場でのニーズをしっかりと捉えることが重要になります。   […]
PAGE TOP ↑