編集プロダクション 企画

About

*

出版社の企画が決まるまで

本を出版するためには、出版社に企画を提案し、進行が確定しなくてはなりません。

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過する必要があります。

各会議で話し合う内容や参加するメンバーは異なることが多いのです。

 

○1回目の会議

ここでは、編集部内でネタを吟味します。

この時点では、書名案と企画概要ぐらいの簡単な情報で、多数集まったネタから選別するのが目的です。

 

○2回目の会議

ここでは、1回目に通過したネタをより詳細に検討します。

この時点ではじめて企画書が必要になります。

ここを通過したら、よほどの事情がない限り内定となります。

 

○3回目の会議

ここでは、確定を前提として、営業など他の関連セクションの方も含めて、部数や価格、ギャランティなどを詰めます。

企画としては良くても、採算が見合うかなどにより、最終的な結論が出ることになります。

 

企画書を作成するということは、1冊分の本を書くのと同じぐらいの労力がかかります。

しかし、ネタ自体が面白くなくては、不毛な作業になってしまいます。

つまり、A4 2枚に企画書をきっちりまとめたとしても、書名案と企画概要を見ただけで、ボツとされ、その後の部分は見てもらえない、という状況が起こりえます。

なので、直接、出版社の方にお話しできる環境にあるのであれば、段階的に企画書を作成したほうが良いでしょう。

 

また、ネタの段階では、出版社の方と話をしながら決まることもよくあります。

「こういう人がこういう本を書いてみたいそうなんですが…」

「あ、それ、面白そうだね」

この時点で、何もしなくても1回目の会議は通過できたも同然だったりします(こういう場合、出版社の方が会議用の資料は作成してくれるため、企画書は必要ありません)。

 

ちなみに、この会話を出版社の編集長や社長といったある程度の決裁権を持った方との会話だと、2回目の会議もほぼ通過できたも同然となるでしょう。

3回目の会議はギャランティが決まる重要な会議なので、ここは両者共に軽々しく考えてはいけません。

その結果で出版社側が却下することもありますし、逆にこちら側からお断りする場合もありえます(極端に低額なギャランティ提示など)。

 

すべての出版社がこのような流れではありませんが、平均的にはそれほど外れていないはずです。

企画確定までのプロセスを理解することで、より効率的に売り込みができるはずです。

Ad

関連記事

新着記事

no image

出版企画書の納期について考えよう

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分から...

記事を読む

no image

出版企画書の類書がない場合について考えよう

類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書が...

記事を読む

no image

出版企画書の類書について考えよう

企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば...

記事を読む

no image

出版企画書の読者ターゲットについて考えよう

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってく...

記事を読む

no image

出版企画書の説得力について考えよう

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版企画書の納期について考えよう
    • 企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。 理想は、既に原稿ができている事です。 可能であれば、「企画進行確定後、30日前後」など、前提となる起点を明示した上で、具体的な数 […]
    • 出版企画書の類書がない場合について考えよう
    • 類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書がないので、この本は売れる」というような文言を企画書にかかれる方がいらっしゃいますが、それはあまりに短絡的です。   我々、出版業界の人間は、常に企 […]
    • 出版企画書で重要なこと
    • 企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そして、その本を読むことで何ができるようになるのか、どうなることができるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな人が、どんな切り口で […]
    • 出版企画書の企画の切り口について考えよう
    • 分析した市場に対して、どういう本を出すことで訴求するのかを書きます。 ここでの内容は、「企画概要」の項目ともリンクしますが、ここでは「企画概要」で提案したことの裏付けと思って書くと良いでしょう。   攻め方には […]
    • 出版企画書の類書について考えよう
    • 企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば、その本は売れているのかをチェックし、そのテーマの本の市場規模を確認します。 類書があるのであれば、その類書は売れているのか、そして、その類書よりも売 […]
    • 素人でも出版できる理由
    • 本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。   つまり、最初は全員素人だ […]
    • 出版社に売込みやすいジャンル
    • それは実用書、ビジネス書です。   エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なことではありません。 絶対に売り込めないとはいいませんが、出版社の担当編集者との感性の相 […]
    • 出版企画書の説得力について考えよう
    • 企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。 もちろん、そこは私見で構いません。   しかし、やはり、それを書くだけの実績や肩書きが必 […]
    • 「自費出版」と「商業出版」の違い
    • 本を出す方法には、大きく分けて二通りあります。 それが、自費出版と商業出版です。   自費出版とは、自分で費用を負担して出版すること 商業出版とは、出版社が負担してくれること   自費出版は自分で費用 […]
    • 出版企画書の読者ターゲットについて考えよう
    • 企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、「企画意図」で分析した市場でのニーズをしっかりと捉えることが重要になります。   […]
PAGE TOP ↑