商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

no image

出版企画書に添付書類を添えて説得力を上げる

2014/07/30   -企画書の注意点

添付資料は、新聞・雑誌記事や各種数字データなどのことです。 自分が掲載された新聞や雑誌の切り抜き、市場規模が分かるようなデータは、企画書の裏付けとして添付することで、企画書に説得力を増す効果があります …

no image

どうしても出版したいのなら、条件面の敷居を下げる

2014/07/17   -企画書の注意点

アドバンテージとは、あなたの利点を提示することです。 利点には2通りあります。 投資額である原価を下げる提案と書籍を売って投資額を回収しやすくする提案です。   私の経験則ですが、出版社が喜 …

no image

「自費出版」と「商業出版」の違い

本を出す方法には、大きく分けて二通りあります。 それが、自費出版と商業出版です。   自費出版とは、自分で費用を負担して出版すること 商業出版とは、出版社が負担してくれること   …

no image

素人でも出版できる理由

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。   つま …

no image

出版社に売込みやすいジャンル

それは実用書、ビジネス書です。   エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なことではありません。 絶対に売り込めないとはいいませんが、出版社の担 …

no image

出版する書籍のテーマを考える

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   まず念頭に置いておくべきこと。 そ …

no image

出版したい書籍の方向性を考える

書くコトが決まったら、具体的に書籍をイメージしてみましょう。   最初にイメージしなくてはならないことは、「カテゴリー」です。 書きたいコトは、書店のどこに置かれる本なのかをイメージしてみま …

no image

出版しようと思ったら、誰のために本を出すのかを明確にしよう

読者ターゲットとは、「あなたの書きたいコトを読んでもらいたい人、伝えたい人」を指します。   ここで重要なのは、あなたが設定した読者ターゲットにとって、あなたの書きたいコトに対する需要がある …

no image

出版したいテーマをどういう切り口にするのかを明確にしよう

切り口とは、「あなたが書きたいコトをどう説明するのか」を指します。 真正面から説明するのか、逆説的に説明するのか、それとも何かに置き換えて説明するのかなどを考えます。   すでにあなたが書き …

no image

どういう本のスタイルにするのかを明確にしよう

本のスタイルとは、文章中心の読み物系にするのか、写真や図が中心のビジュアル系にするかを指します。 文章中心の読み物系の方が考え方や理論を伝えるのに適していますが、ビジュアル系のほうがわかりやすく伝える …