商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

「売れる」企画の考え方

普通の企画を売れる企画に

投稿日:

もし、どうしても面白い企画が思いつかないのであれば、普通の企画を売れる企画に生まれ変わらせることも可能です。

 

たとえば、売れている書籍を見て、自分なりの切り口に変えてみてください。

その切り口があなたにしか書けない切り口であれば、それは立派に企画として成立します。

 

また、著者であるあなたが書くコトに価値を見出すことも可能です。

自分の境遇や環境、あなた自身の個性を前面に出すことで、読者の興味を引くことができます。

 

このように、すべてを自分の中から引き出す必要はありません。

もちろん、自分の中から引き出した企画のほうが魅力的に見えますので、それに越したことはありません。

しかし、どうしても思いつかない場合、普通の企画を売れる企画に生まれ変わらせることもできるのです。

 

いずれにしても、何かしらひとり一冊の本は書けるといわれています。いろいろ工夫をしながら、企画をひねり出してみましょう。

Ad

Ad

-「売れる」企画の考え方

執筆者:

関連記事

no image

「自分にしか書けないコト」を探す

たとえ、あなたの企画が面白かったとしても、その種明かしをしてしまったら、誰にでも書ける内容だとしたら、誰かに真似される可能性があります。 原稿には著作権は発生しますが、ノウハウには著作権はありません( …

no image

ライターには書けない「深さ」を追及しよう

世の中には『ライター』という職種があります。ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。 ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。 なので、次から次に新しい情報を収集し、企画にして、 …

no image

出版したいテーマをどういう切り口にするのかを明確にしよう

切り口とは、「あなたが書きたいコトをどう説明するのか」を指します。 真正面から説明するのか、逆説的に説明するのか、それとも何かに置き換えて説明するのかなどを考えます。   すでにあなたが書き …

no image

出版しようと思ったら、誰のために本を出すのかを明確にしよう

読者ターゲットとは、「あなたの書きたいコトを読んでもらいたい人、伝えたい人」を指します。   ここで重要なのは、あなたが設定した読者ターゲットにとって、あなたの書きたいコトに対する需要がある …

no image

出版を目指すなら出したい本のカテゴリーを明確にしよう

最近では、書籍発刊後にすぐに売れない本は、翌月に1000部以上が返本されてきます。 返本されてしまっては、その後、売れる可能性はかなり下がります。 そこで、息の長い本にするために出版社は「元棚」を明確 …