商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

「売れる」企画の考え方

ライターには書けない「深さ」を追及しよう

投稿日:

世の中には『ライター』という職種があります。ご存知のように文章を執筆して生業にしている方々です。

ライターさんは文章を執筆しなければ生活できません。

なので、次から次に新しい情報を収集し、企画にして、執筆しています。

 

しかし、ライターさんは、あくまでも文章を執筆することが本業ですから、執筆できる内容には限界があります。

新しい情報やサービスについては、執筆するために一通りは実践しますが、それを突き詰めることは、よほどのことがない限り、ほとんどありません。

一冊の書籍に3ヶ月以上もかけていては、生活ができなくなる実情もあるからです。

 

つまり、入門書などについては、ライターさんにとって得意分野といえますが、少しでも突き詰める必要がある企画や実績が重要な企画については、新たに参入する余地があるということになります。

 

たとえば、SEOについての本を執筆する場合、ライターさんにお願いすると、「リンク数が重要ですので、知り合いや関連サイトの管理者に相互リンクのお願いをしましょう」と書きます。

しかし、実際にSEOで実績を上げている方は、「リンク数が重要ですので、リンク先のサイトも自前で用意しましょう」となります。

(本当はもっと複雑な話しですが、話しをわかりやすくするために簡単にしています)

 

アフィリエイトやオークション、ドロップシッピング、セカンドライフなど、同様の事例はたくさんあります。

プログラムや言語の本も同様です。

 

実際に書かれているのは、システムエンジニアの方やプログラマーの方のほうが多いはずですし、そういった本のほうが売れているはずです。

もし、本を執筆されたいのであれば、ライターさんでは真似できない深さを突き詰める必要があるでしょう。

Ad

Ad

-「売れる」企画の考え方

執筆者:

関連記事

no image

どういう本のスタイルにするのかを明確にしよう

本のスタイルとは、文章中心の読み物系にするのか、写真や図が中心のビジュアル系にするかを指します。 文章中心の読み物系の方が考え方や理論を伝えるのに適していますが、ビジュアル系のほうがわかりやすく伝える …

no image

まずは自分の棚卸しをしてみましょう

自分が書けることで「売れそうなこと」を考えるといっても、容易なことではありません。 そこで、まずは自分自身の経験や実績、知識などを棚卸しをして自分が書けることを整理してみましょう。   この …

no image

出版したい書籍の方向性を考える

書くコトが決まったら、具体的に書籍をイメージしてみましょう。   最初にイメージしなくてはならないことは、「カテゴリー」です。 書きたいコトは、書店のどこに置かれる本なのかをイメージしてみま …

no image

出版したいテーマをどういう切り口にするのかを明確にしよう

切り口とは、「あなたが書きたいコトをどう説明するのか」を指します。 真正面から説明するのか、逆説的に説明するのか、それとも何かに置き換えて説明するのかなどを考えます。   すでにあなたが書き …

no image

出版を目指すなら出したい本のカテゴリーを明確にしよう

最近では、書籍発刊後にすぐに売れない本は、翌月に1000部以上が返本されてきます。 返本されてしまっては、その後、売れる可能性はかなり下がります。 そこで、息の長い本にするために出版社は「元棚」を明確 …