商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

「売れる」企画の考え方

どういう本のスタイルにするのかを明確にしよう

投稿日:

本のスタイルとは、文章中心の読み物系にするのか、写真や図が中心のビジュアル系にするかを指します。

文章中心の読み物系の方が考え方や理論を伝えるのに適していますが、ビジュアル系のほうがわかりやすく伝えることができます。

 

実際にビジネス書の多くが読み物系です。

 

逆に操作の伴うパソコン書やレシピなどはビジュアル系がほとんどです。

ブランディングを考えるのでしたら、考え方を文章で伝えられる読み物系の方が良いと思いがちですが、最終的に読者が満足しないのであれば、まったく意味がありません。

最優先で読者のことを考え、どういうスタイルにすることが読者に一番伝わるのかをイメージしましょう。

一概に読み物系といっても、文章が続くスタイルもあれば、適度に節を区切るスタイルもありますので、書店でいろいろな書籍を見ながら、より具体的にイメージしてください。

 

逆に希望のスタイルが先にあるのでしたら、そこからそのスタイルに適した読者ターゲットを設定したり、切り口を考えてみても良いでしょう。

Ad

Ad

-「売れる」企画の考え方

執筆者:

関連記事

no image

「自分にしか書けないコト」を探す

たとえ、あなたの企画が面白かったとしても、その種明かしをしてしまったら、誰にでも書ける内容だとしたら、誰かに真似される可能性があります。 原稿には著作権は発生しますが、ノウハウには著作権はありません( …

no image

出版したい書籍の方向性を考える

書くコトが決まったら、具体的に書籍をイメージしてみましょう。   最初にイメージしなくてはならないことは、「カテゴリー」です。 書きたいコトは、書店のどこに置かれる本なのかをイメージしてみま …

no image

出版しようと思ったら、誰のために本を出すのかを明確にしよう

読者ターゲットとは、「あなたの書きたいコトを読んでもらいたい人、伝えたい人」を指します。   ここで重要なのは、あなたが設定した読者ターゲットにとって、あなたの書きたいコトに対する需要がある …

no image

まずは自分の棚卸しをしてみましょう

自分が書けることで「売れそうなこと」を考えるといっても、容易なことではありません。 そこで、まずは自分自身の経験や実績、知識などを棚卸しをして自分が書けることを整理してみましょう。   この …

no image

普通の企画を売れる企画に

もし、どうしても面白い企画が思いつかないのであれば、普通の企画を売れる企画に生まれ変わらせることも可能です。   たとえば、売れている書籍を見て、自分なりの切り口に変えてみてください。 その …