商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

「本を書きたい」と思ったら

出版社に売込みやすいジャンル

投稿日:

それは実用書、ビジネス書です。

 

エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なことではありません。

絶対に売り込めないとはいいませんが、出版社の担当編集者との感性の相性や文章力というより表現力も必要になります。

これらに、答えはありません。

 

実用書やビジネス書は、本の目的が明確で、その目的に魅力があり、ある程度の市場規模が見込めれば、書籍にすることは可能です。

しかも、その目的を達成するための説明を原稿に書かなくてはならないため、わかりやすいかどうかなど、ある程度の答えがあり、出版社も判断しやすいのです。

 

もし、あなたがエッセイや小説、詩などを書籍にされたいのであれば、各出版社で開催されている賞に応募したほうが良いでしょう(特に小説は基本的に新人賞への公募が条件となり、持ち込みは受け付けていません)。

賞は各雑誌やホームページなどで告知しておりますし、送った原稿は必ずといっていいほど目を通してくれます。

しかも、第一人者による冷静な判断を受けることができるため、出版社の一編集者の主観で合否を決められることもありません。

 

書きたい内容によって、書籍にする道のりは違うのです。

何でもかんでも売り込みからではなく、最終的な「商業出版」という目的に向け、自分なりに戦略を考えてみましょう。

 

当ブログでは、実用書、ビジネス書に関する内容を中心に紹介いたします。

Ad

Ad

-「本を書きたい」と思ったら

執筆者:

関連記事

no image

出版する書籍のテーマを考える

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   まず念頭に置いておくべきこと。 そ …

no image

「自費出版」と「商業出版」の違い

本を出す方法には、大きく分けて二通りあります。 それが、自費出版と商業出版です。   自費出版とは、自分で費用を負担して出版すること 商業出版とは、出版社が負担してくれること   …

no image

素人でも出版できる理由

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。 どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。   つま …