商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

「本を書きたい」と思ったら

素人でも出版できる理由

投稿日:

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。

どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。

 

つまり、最初は全員素人だったということです。

 

出版社は、何時でも「本にしたら売れそう」なネタを探しています。

問題は、その探している出版社のアンテナにあなたの企画が引っかかるかどうかです。

 

では、出版社がどのようにネタを探しているのでしょう。

それは、メルマガであったり、ブログ、ホームページです。

他にも口コミの場合もありますし、テレビに取り上げられた方の場合もあります(現状では、ブログから出版への道は難しいですが…) 。

いずれも、「本にしたら売れそう」ということが大前提ですが、いかに「あなた」が、もしくは「あなたのアイデア」が露出しているかがポイントです。

 

もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

極論でいえば、文章なんて書けなくても本は出せたりします。

出版社の方が「本にしたら売れそう」と思えれば、編集者がどんな文章でも修正してくれますし、ゴーストライターを立ててくれることもあるからです。

 

そういった意味でも重要なのは、「本にしたら売れそう」ということであり、いかに出版社の目にとまってもらえるかが勝負なのです。

Ad

Ad

-「本を書きたい」と思ったら

執筆者:

関連記事

no image

「自費出版」と「商業出版」の違い

本を出す方法には、大きく分けて二通りあります。 それが、自費出版と商業出版です。   自費出版とは、自分で費用を負担して出版すること 商業出版とは、出版社が負担してくれること   …

no image

出版する書籍のテーマを考える

本を書きたいと思ったら、まず、何の本を書こうかと考えると思います。 その時、最初に「書きたいこと」を考えてしまいがちですが、それは大きな落とし穴です。   まず念頭に置いておくべきこと。 そ …

no image

出版社に売込みやすいジャンル

それは実用書、ビジネス書です。   エッセイや小説、詩などを書籍にされたい方も多いようですが、それらを書籍にするのは容易なことではありません。 絶対に売り込めないとはいいませんが、出版社の担 …