商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

企画書の注意点

諸刃の剣になりうる仕様

投稿日:

仕様は、本の大きさやページ数、使う色数のことをいいます。

紙質などについても書いてみても良いでしょう。

 

そこに、書籍がより売れそうな提案が書かれていればOKです。

 

自分の希望を書いても構いません。

ただ、企画書は、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違います。

企画書を書くときに、「こんな形態で本を出したいなぁ~」と希望を書いたとしても、読む人間は、それを著者の条件だと思う場合があります。

このとらえ方の違いから、企画書を書いた人間はあくまでも希望なので、譲歩するつもりであっても、読む人間は条件だと思って読むため、その企画書だけで進行可否を判断することになります。

結果、そのすれ違いで、本になるチャンスを逃すことも少なくありません。

そこで、希望を書く場合は、「希望」と書き加えましょう。

そして、譲歩する余地があるコトが伝わるようにしてください。

 

もちろん、とくに希望がないのであれば、この項目自体書く必要はありません。

 

Ad

Ad

-企画書の注意点

執筆者:

関連記事

no image

出版企画を採用させるテクニック

企画の進行が決まりやすくなる項目について説明します。 提案することで企画の進行が決まりやすくなる項目は以下の通りです。 仕様 添付資料 誌面イメージ アドバンテージ     ここで …

no image

どうしても出版したいのなら、条件面の敷居を下げる

アドバンテージとは、あなたの利点を提示することです。 利点には2通りあります。 投資額である原価を下げる提案と書籍を売って投資額を回収しやすくする提案です。   私の経験則ですが、出版社が喜 …

no image

出版企画書に添付書類を添えて説得力を上げる

添付資料は、新聞・雑誌記事や各種数字データなどのことです。 自分が掲載された新聞や雑誌の切り抜き、市場規模が分かるようなデータは、企画書の裏付けとして添付することで、企画書に説得力を増す効果があります …