商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

「通る」企画書の書き方

一生残る著者名

投稿日:

著者名は意外と重要で、出版社では著作物がある場合、その本が売れたかどうかが2冊目の企画の進行可否に大きな影響を与えます。

書店でも、その著者の著作物が売れたかどうかで、平積みにするか、棚差しにするか、返本するか判断することがあります。

 

つまり、売れない本を書いた著者は、「売れない著者」という烙印を押されるのです。

 

これは、ときに企画内容よりも重要視されることがあります。

もし、すでに著書があって、その本があまり売れなかった場合、著者名を別の名前(ペンネーム)にすることも検討してみましょう。

売れない本の実績より、何も実績がない方が、これから売れる可能性があると判断される場合が多いのです。

 

また、これから本を書かれる場合でも、著者名が売れない本を出された著者名と同姓同名だった場合、著者名は変えられた方が良いかもしれません。

出版社の担当者とは直接お話しができますので、誤解を解くことはできますが、書店ではその判断がつかないため、同一人物と見なされる場合が多いからです。

 

著者名を変えることに違和感がある方は、はじめから「~研究会」などにして、その会の主宰者は自分である旨を奥付の著者紹介欄で記載する方法もあります。

著者名は、あくまでも表紙に記載される名前で、その名前がデータベースに登録されるので、売れなかったとしても、その「~研究会」の「~」の部分を変更するだけで、著者名を変えるのと同じ効果を得ることができます。

そうすることで、元の名前は同じく、複数の著者名を得ることができますので、著者名をコロコロ変えるより、実績として残すことができます。

 

著者名をコロコロ変えることは、実績として残しづらく、「実はどれも私です」と言ったところで胡散臭さが増すだけですので、それは避けたほうが良いと思います。

いずれにしても、著者名はいろんな意味で末永く残るものですので、慎重に考えるようにしてください。

Ad

Ad

-「通る」企画書の書き方

執筆者:

関連記事

no image

出版企画書で重要なこと

企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そして、その本を読むことで何ができるようになるのか、どうなることができるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな …

no image

すでに著書がある場合

出版業界では、著書があり、その著書が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。 しかし、その著書が、共同出版や自費出版では意味がありません。   基本的に、他 …

no image

本の企画書を作ってみよう

書くコトが決まったら、まず企画書を書いてみましょう。   企画書を書くことで、誰に、何を伝えたいのかなど、本のイメージがより鮮明になり、頭の中が整理されます。 出版社へ売り込みをする場合、企 …

no image

出版企画書を作るには

企画書は、長々と書いたところで、最後まで読んではもらえません。 必要な項目だけをコンパクトにまとめ、A4サイズの用紙で1枚程度で作成してください。 補足的な内容を続けて2枚目、3枚目にまとめても構いま …