商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

企画書のポイント

出版企画書の読者ターゲットについて考えよう

投稿日:

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。

そのためには、「企画意図」で分析した市場でのニーズをしっかりと捉えることが重要になります。

 

読者ターゲットをイメージする場合、年齢層や性別、成熟度など漠然としたイメージではなく、属性や意欲などを明確にして、より具体的に絞り込みます。

そして、その絞り込まれた読者ターゲットが、それなりの人数を見込めなくてはなりません。

 

読者ターゲットを法人などに絞り込むことで、その書籍は経費での購入が可能になります。

経費での購入が可能になるということは、自分のお金を支払うわけではありませんから、比較的、買ってもらいやすくなります。

そのため、法人などを読者ターゲットにした企画は通りやすくなりす。

Ad

Ad

-企画書のポイント

執筆者:

関連記事

no image

出版企画書の説得力について考えよう

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。 もちろん、そこは私見で構いません。   しかし、やはり、それを書くだ …

no image

出版企画書の企画概要について考えよう

企画書の「企画概要」では、本の内容を簡単に説明します。 では、企画概要を考える上でのポイントを紹介します。 目標設定 再現性 読者の共感   そのためには、この本で「何故」「誰に」「何を」「 …

no image

出版企画書の構成案(目次案)のブラッシュアップ

一通りの構成案ができたら、それを企画書用に加工します。 それぞれの章や節にタイトルを付ける作業です。 読者にとってわかりやすく、手軽で簡単なイメージを持ってもらえるような言い回しに加工してみましょう。 …

no image

出版企画書の構成案(目次案)について考えよう

企画書の「構成案」では、書きたい内容をどういう順番で説明するのかがわからなくてはなりません。 つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかという書きたい …

no image

出版企画書のタイトル(書名案)について考えよう

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」です。 書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に決まることは少ないですが、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えなければ、企画書 …