商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

企画書のポイント

出版企画書の説得力について考えよう

投稿日:

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。

もちろん、そこは私見で構いません。

 

しかし、やはり、それを書くだけの実績や肩書きが必要なのです。

その実績や肩書きについては、先述の「著者プロフィール」で判断します。

そこで、説得力を持たすことができなければ、何を書いたとしても真実味がありません。

とくにあなたの企画書を読む出版業界の方々は、常に情報収集をしておりますし、著名な方とのコネクションもありますので、嫌な言い方をすれば、一個人の説得力の無い私見に耳を傾けている暇はないのです。

 

ただ、逆にあまりに謙虚だと、著者として自信が無いと思われてしまうので、ここはバランスが大切です。

もし、そのバランスが難しいと思うのであれば、周りの人の意見に摩り替える方法もあります。

たとえば、「私の周りでは、こういう意見が多いので、こんな企画を立ててみました」とか…。

この「周り」も、ある程度の説得力がもたせられる立場の人である必要があります。

自分の意見として書くから角が立つのであって、周りに言われていることにしてしまえば、自分では思っていなくても事実として話すことができます。

そうすることで、比較的、角は立たないはずです。

 

いずれにしても、あなたの企画書を読む方が「あんた何様?」と思うことがないように注意してください。

Ad

Ad

-企画書のポイント

執筆者:

関連記事

no image

出版企画書の企画の切り口について考えよう

分析した市場に対して、どういう本を出すことで訴求するのかを書きます。 ここでの内容は、「企画概要」の項目ともリンクしますが、ここでは「企画概要」で提案したことの裏付けと思って書くと良いでしょう。 &n …

no image

出版企画書の納期について考えよう

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。 理想は、既に原稿ができている事です。 可能であれば、「企画進行確定後、30日前後」など、前提となる起点を明示 …

no image

出版企画書のタイトル(書名案)について考えよう

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」です。 書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に決まることは少ないですが、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えなければ、企画書 …

no image

出版企画書の企画意図について考えよう

企画書の「企画意図」では、どうしてこの本が売れるのか、何のために発刊する必要があるのかがわからなくてはなりません。 そのためには、本のコンセプトや売りを明確にして、客観的に市場を分析し、どう攻めるのか …

no image

出版企画書の著者プロフィールについて考えよう

企画書の「著者プロフィール」では、執筆するあなたがどういう人間なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、まず、著者であるあなたの得意な分野を明確にし、その裏付けを提示します。 その上で、その本 …