商業出版に必要な企画書

費用を負担する自費出版ではなく、印税をもらえる商業出版を実現するために、事例やサンプルを使って、その方法を紹介します。

企画書のポイント

出版企画書のタイトル(書名案)について考えよう

投稿日:

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」です。

書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に決まることは少ないですが、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えなければ、企画書のその先へ読み進めてもらうことはできません。

 

書名は、一つしか書いてはいけないわけではありません。

まず、出版社の担当者向けの分かりやすい書名を一つ考え、さらに、そこに肉付けして読者向けの書名をいくつか考えてみましょう。

あなたの企画を一言(一文)で表現することが重要です。

 

さらに、その一言(一文)が出版社の担当者に次のコトが伝わるかを考えてみてください。

  • 本の内容が一目でわかる
  • その本を読むことで到達できる魅力的な到達点
  • 本屋で置かれる棚がイメージできる

 

その上で、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えるような読者向けの書名を考えてみましょう。

読者向けの「面白そう」「読みたい」と思えるような書名を考える上でのポイントを紹介します。

  • 「えっ?」「本当?」と思える引っかかり
  • 前向き
  • 身近で親しみやすい
  • 目新しい視点、切り口
  • その気にさせる煽り

 

そして、それをより強調するためのポイントを紹介します。

  • 根拠となる数字や魅力的な数字を入れる
  • 目新しいキーワードや新聞などで話題になるキーワードを入れる
  • むずかしい言葉は使わない

 

これらのポイントが盛り込まれていれば、きっと面白そうな書名になることでしょう。

書名をいくつか出すことで、企画の面白さやふり幅をよりアピールすることもできますので、いろいろなパターンを考えてみると良いでしょう。

 

 

Ad

Ad

-企画書のポイント

執筆者:

関連記事

no image

出版企画書の企画の切り口について考えよう

分析した市場に対して、どういう本を出すことで訴求するのかを書きます。 ここでの内容は、「企画概要」の項目ともリンクしますが、ここでは「企画概要」で提案したことの裏付けと思って書くと良いでしょう。 &n …

no image

出版企画書の企画概要について考えよう

企画書の「企画概要」では、本の内容を簡単に説明します。 では、企画概要を考える上でのポイントを紹介します。 目標設定 再現性 読者の共感   そのためには、この本で「何故」「誰に」「何を」「 …

no image

出版企画書の納期について考えよう

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。 理想は、既に原稿ができている事です。 可能であれば、「企画進行確定後、30日前後」など、前提となる起点を明示 …

no image

出版企画書の読者ターゲットについて考えよう

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、「企画意図」で分析した市場でのニーズをしっかりと捉えることが重要になりま …

no image

出版企画書の類書がない場合について考えよう

類書がない場合、類書がない理由を考える必要があります。 「類書がないので、この本は売れる」というような文言を企画書にかかれる方がいらっしゃいますが、それはあまりに短絡的です。   我々、出版 …